2年保証
購入日から30日以内、返品・返金保証
送料無料
サポートホームに戻す
OPENSWIM
完全防水型 骨伝導オーディオプレーヤー
よくある質問
はじめに
接続
コントロールガイド
スピーカー&マイク
トラブルシューティング
クリーン&ケア
ヒアリングについて
カスタマーサービス

はじめに

OpenSwimのオン/オフを切り替えるにはどうすればよいですか?
電源を入れるには、電源ボタンとしても機能する「音量+」ボタンを3秒間長押しします。音声ガイダンスが "アフターショックスへようこそ "と流れます。

電源を切るには、電源ボタンとしても機能する「音量+」ボタンを3秒間長押しします。音声ガイダンスが「終了します」と流れ、LEDが赤で1回点滅します。
OpenSwimの充電方法を教えてください。
製品に付属の充電用USBケーブル(クレードル)を使用してOpenSwimを充電できます。OpenSwim本体にUSBケーブル(クレードル)を取り付けてください。このとき、必ずOpenSwimのポゴピンと充電クレードル内のUSBの端子が互いに接触している状態にしてください。ケーブルのUSB端子をコンピュータ、またはUSB充電器に接続します。このとき、充電器は5Vを超えないことを確認してください。高速充電対応の充電器は推奨いたしません。なお、充電時にOpenSwimは自動的にオフになります。
OpenSwimの充電時間は?
OpenSwimは、0%の状態から満充電まで約2時間かかります。充電が完了したらLEDライトが青色に変わります。なお、製品は約50%の充電状態で工場から出荷されます。
水泳用のゴーグルや、キャップを装着しながらOpenSwimを使用できますか?
OpenSwimは、ゴーグルやキャップなどの水泳用ウェアと干渉しません。先にOpenSwimを装着してから水泳用ウェアを身につけるか、OpenSwimをあとで装着するかは、あまり重要ではありません。しかし使用している水泳用ウェアとの相性もありますので、装着する順番や組み合わせ方などは工夫をしてみてください。
OpenSwimの防水性能は?
Xtrinzerzの防水仕様はIPX8です。これはIEC 60529「水の浸入に対する保護等級」に基づいたものです。

IPX8:2メートルの水の深さに2時間沈めた状態のテスト後、OpenSwimは動作性能を維持しています。

プールで水泳するとき、OpenSwimは2メートルよりも深い場所でのご使用はおやめてください。
OpenSwimを装着したまま海を泳ぐことはできますか?
はい。OpenSwimは海水浴での使用に対応します。ただし、プールの水と比較して海水に濡れた際は、とくに注意が必要です。使用後は真水で洗い流し、乾いた布で拭いて直射日光に当てずに乾燥させてください。
OpenSwimのネックバンドは調整できますか?
いいえ。バンドを調整することができません。イヤホンのネックバンドのサイズは、人間の統計学的な頭部のサイズに基づき、頭部とネックバンドが運動してもぶつからないように注意して設計されています。

接続

PCにOpenSwimを接続する方法は?
製品に付属の充電用USBケーブル(クレードル)を使用してOpenSwimを充電できます。OpenSwim本体にUSBケーブル(クレードル)を取り付けてください。このとき、必ずOpenSwimのポゴピンと充電クレードル内のUSBの端子が互いに接触している状態にしてください。コンピュータに接続されると、「OpenSwim」ボリューム(リムーバブルメディア)が表示されます。
OpenSwimがサポートしているファイル形式は?
OpenSwimがサポートするのは、MP3、WMA、FLAC、WAV、AACです。
OpenSwimに、オーディオブックや音楽ファイルなど、コンテンツを転送するには?
1.コンピュータの中に、正しいフォーマットで音楽、オーディオブックなどのオーディオファイルがあることを確認してください。

2.製品に付属の充電用USBケーブル(クレードル)を使用してOpenSwimを充電できます。OpenSwim本体にUSBケーブル(クレードル)を取り付けてください。このとき、必ずOpenSwimのポゴピンと充電クレードル内のUSBの端子が互いに接触している状態にしてください。コンピュータに接続されると、「OpenSwim」ボリューム(リムーバブルメディア)が表示されます。コンピュータ内の音楽やオーディオブックなどのファイルを「OpenSwim」ボリューム内にコピー&ペーストなどでファイルを追加してください。

3.「OpenSwim」ボリューム内にフォルダを作成することで、オーディオファイルの整理ができます。OpenSwimの「現在のフォルダを再生」機能を使用し、フォルダ単位での再生コントロールが可能です。

4.OpenSwimがファイルの読み込みをしている間は、LEDインジケータが赤と青に点滅します。このとき、OpenSwimのボタンは一時的に機能しません。ファイル転送が完了したら、充電用USBケーブル(クレードル)をとりはずして構いませんが、ケーブルをはずすまえに必ずOSの正規の方法にあわせてボリュームのマウントを解除してください。
OpenSwimイヤホンは、オンライン・アプリに対応していますか?
OpenSwimイヤホンは、オンラインアプリと接続するためのBluetoothが搭載されていません。音楽の再生にはオーディオファイルをダウンロードして、イヤホンのメモリーに保存するための転送が必要です。

コントロールガイド

EQ(イコライザ)設定を変更するにはどうすればいいですか?
OpenSwimのEQ設定は2種類あります。ひとつは日常的に使用するための一般モード。もうひとつは水泳用のスイミングモードです。EQを変更するには、モードボタンを2秒間長押しします。
バッテリーの状態を確認するにはどうすればよいですか?
OpenSwimの電源を入れると、バッテリー残量を音声ガイダンスでお知らせします。OpenSwimを使用しているときに、音楽が一時停止している状態でボリューム「+/ー」を押すと、バッテリーの充電が必要かどうかを音声でお知らせします。充電が必要な場合は、LEDインジケータが5秒ごとに赤く点滅します。
音声ガイダンスの言語は変更できますか?
音量「+」ボタンと音量「ー」ボタンを2秒間長押しして、使用する言語を選択します。
音量の調整はどうすればいいですか?
再生音量は、音楽再生中に音量「+」ボタンまたは音量「ー」ボタンをクリックして、音量を変更できます。

ビープ音量は、工場出荷時に設定されている音量が規定値となっており、この音量を調整することはできません。
曲の再生をコントロールするにはどうすればいいですか?
モードボタンを押すと、曲の再生モードがノーマル/リピート/シャッフルのいずれかに切り替わります。
フォルダモードで音楽再生をするには?
1.コンテンツを転送する際に「OpenSwim」ボリューム内にフォルダを作成する必要があります。

2.音量「ー」とマルチファンクション/電源ボタンを2秒間長押しすると、音声で「現在のフォルダを再生します」とアナウンスされます。これにより、現在再生中のフォルダ内のオーディオファイルの再生が開始されます。

3.音声ガイダンスが「すべてのフォルダを再生します」とアナウンスした場合、OpenSwimに転送したすべての曲が再生されます。

4.「現在のフォルダを再生」の状態で、音量「+」と多機能/電源ボタンを2秒間長押しすると、再生したいフォルダを変更することができます。そのとき「次のフォルダを再生します」と音声ガイダンスからアナウンスされます。
音楽を一時停止/再生するにはどうすればいいですか?
一時停止するには、音楽再生中にマルチファンクション/電源ボタンをクリックします。ビープ音が1回鳴ります。

音楽を再生するには、一時停止中にマルチファンクション/電源ボタンをクリックします。ビープ音が1回鳴ります。
次の曲に早送り(スキップ)するにはどうすればいいですか?
音楽再生中に音量「+」を2秒間長押しします。ビープ音が1回鳴り、次の曲にスキップされます。
前の曲に戻るにはどうすればいいですか?
音楽再生中に音量「ー」を2秒間長押しします。ビープ音が1回鳴ります。曲が前の曲に戻ります。

スピーカー&マイク

OpenSwimを通話に使うことはできますか?
OpenSwimはBluetoothやマイクを内蔵していないため、通話はできません。

トラブルシューティング

OpenSwimをコンピュータに接続すると、LEDインジケータが点滅するのはなぜですか?
OpenSwimをコンピュータから取り外すと、データベースの構築が開始されます(インジケータが赤と青に点滅します)。データベースの構築中は、OpenSwimでは何もできません。データベースの構築が完了したことを確認してからご使用ください(インジケータランプの点滅が終了します)。
OpenSwimのLEDランプが常に点灯しています。
OpenSwimを充電して、数日間乾燥した場所に置くことをお勧めします。LEDライトがまだ点灯している場合は、2年の保証期間内にこちらからご連絡ください。
OpenSwimの「次のフォルダ」への操作ができない。
1.「現在のフォルダ」を再生している状態でのみ、次のフォルダに切り替えることができます。

2.現在のフォルダを再生している状態で、音量「+」ボタンとマルチファンクション/電源ボタンを2秒間長押しすると、再生したいフォルダを変更することができます。その際「次のフォルダ」と表示されます。
OpenSwimがパソコンで認識されません。
OpenSwimのポゴピンとUSB充電クレードルの端子が乾いていてきれいな状態であることを確認してください。

OpenSwimを付属の充電クレードルに正しくしっかりと取り付けます。

コンピュータがOpenSwimを認識しない場合は、OpenSwimを付属の充電クレードルから取り外してから、再度充電クレードルに取り付けてください。

それでもOpenSwimがコンピュータに認識されない場合は、コンピュータの別のUSBポートを試すか、別のコンピュータを使ってみてください。

OpenSwimがコンピュータに認識されない状態が続いている場合、2年の保証期間内にこちらからご連絡ください。
OpenSwimにファイルが保存できないのですが、ファイルがありません。
Macのプライバシー保護のため、Mac OSのゴミ箱で再度ファイルを削除してください。
私のOpenSwimは、私がコンピュータ上で削除した曲をまだ再生しています。
Macのプライバシー保護のため、Mac OSのゴミ箱で再度ファイルを削除してください。
OpenSwim」で再生できない音声ファイルがあります。
OpenSwimは、MP3、WMA、FLAC、WAV、AACのオーディオフォーマットをサポートしていますが、ファイルがそのフォーマット内にあることをご確認ください。音声ファイルのスペックは以下の通りです。

MP3

ファイル拡張子:.MP3

ビットレート:32kbps - 320kbps(CBRおよびVBR対応)

サンプリングレート:8、11.025、12、16、22.05、24.32、44.1、48 kHz

WMA

ファイル拡張子:.WMA

ビットレート:32 kbps - 192 kbps(CBRおよびVBR対応)

サンプリングレート:8、11.025、12、16、22.05、24.32、44.1、48 kHz

リニアPCM

ファイル拡張子:.WAV

ビットレート:128 kbps - 1411bbps

サンプリングレート:8、11.025、12、16、22.05、24.32、44.1、48 kHz

AAC

ファイル拡張子:.aac

ビットレート:16 kbps - 320 kbps(CBRおよびVBR対応)

サンプリングレート:8、11.025、12、16、22.05、24.32、44.1、48 kHz

FLAC

ファイル拡張子:.flac

サンプリングレート:8、11.025、12、16、22.05、24.32、44.1、48 kHz

注:OpenSwimは、リニアPCM形式のWAVファイルのみサポートしています。
OpenSwimのヘッドバンドが折れてしまいました。
OpenSwimのヘッドバンドが折れてしまった場合、2年の保証期間内にこちらからご連絡ください。
OpenSwimが充電されません。
OpenSwimのポゴピンとUSB充電クレードルの端子が乾いていてきれいな状態で、お互いに接触しているかどうかを確認してください。OpenSwimが充電されない状態が続く場合は、2年の保証期間内にこちらからご連絡ください。
OpenSwimが8時間も持たないようです。
バッテリーは使用時間に影響されます。使用時間は、バッテリー、音量、環境など様々な要因により変化します。詳細については、お気軽にお問い合わせくださいsupportJP@aftershokz.com
OpenSwimのトラックオーダーをリストアップするには?
まず、OpenSwimの曲順再生の問題についてご説明します。

OpenSwimのファイルは転送日時に応じてソートされています。例えば、10個のファイルをOpenSwimボリュームにドラッグ&ドロップしたとします。最後のファイルが最初に送信を完了した場合、そのファイルがOpenSwimの最初の曲となります。しかし、コンピュータには独自のソート順があるため、最後のファイルはコンピュータ上では最初の曲として見ることができません。このため、曲が順番に再生されているようには思えず、シャッフルしているように聴こえます。

OpenSwimに転送したオーディオファイルを自分の好きな順番で再生したい場合は、ガイドやドキュメントなどの添付ファイルを参照してください。

クリーン&ケア

ビーチや海辺に行った後、OpenSwimをどのようにクリーニングすればいいですか?
使用後は真水で洗い、乾いた布でやさしく拭くようにしてください。
OpenSwimのクリーニング方法を教えてください。
定期的に清潔な乾いた布で拭いてOpenSwimをクリーニングすることをお勧めします。
OpenSwimの保管方法を教えてください。
OpenSwimを使用しないときは、携帯用ポーチ、セミハードジッパーケース、ハードケースなどに入れて、安全で乾燥した場所に保管することをお勧めします。

ヒアリングについて

難聴の人でも骨伝導イヤホンは利用できますか?
人によって状況が異なるため、当社のヘッドフォンが特定の人に効果があるかどうかを確認することはできません。まずは医師にご相談いただくか、店頭でのデモを行っている販売店が多数ありますので、ぜひお試しいただければと思います。販売店はこちらから検索してください。 

カスタマーサービス

保証請求について
当社では、正規代理店からイヤホンを購入されたすべてのお客様を対象に、購入日から2年間の製造上の欠陥に対する保証を行っております。2年間の保証期間中に製造上の欠陥が発生した場合は、保証請求を行ってください。詳細はこちら
ご注文について
AfterShokz.co.jpでご注文いただいた商品は、30日間の返品期間を設けています。何らかの理由で購入した商品に満足できない場合、購入日から30日間の試用期間内に返品すれば、返金されます。ご注文に関する詳細はこちら