OpenMove 手頃な価格の骨 伝導 イヤホン - Shokz (ショックス) 日本

OPENMOVE

エントリーモデル 骨伝導イヤホン
普段使い用としておすすめ
OPENMOVE
概要
セールスポイント
製品仕様
製品比較
レビュー
FAQ
11,880円(税込) 通常価格
単価  あたり 

OPENMOVE

OPENMOVE

OpenMoveは、汎用性を重視し、日常的に使用できるように設計されています。第7世代骨伝導技術と、当社独自のオープンイヤーデザイン、そして快適で安全なリスニングをエントリーレベルの価格でご提供します。
OpenMoveは、汎用性を重視し、日常的に使用できるように設計されています......
もっと見る
最大駆動時間:6時間
USB-C チャージポート
29g
IP55防塵・防水(小雨に耐えられます)
11,880円(税込) 通常価格
単価  あたり 
Shokz公式オンラインストア(jp.shokz.com)で購入した製品は、30日間以内に理由を問わず返品・交換できます。
最大駆動時間:6時間
USB-C チャージポート
29g
IP55防塵・防水(小雨に耐えられます)
24ヶ月保証
送料無料
30日間の返品・返金保証
2-Year Warranty
You will enjoy a 2-year warranty period from the purchased date with any products here.
Free 2-3 Business-Day Delivery
Orders will be shipped within 2 business days. The parcel will arrive at your address in 48 hours once shipping out.
30 Days Return & Refund
30-day return & refund window is available for you if you aren’t satisfied with your purchase here for any reason.
OpenMoveの受賞
2024 VGP Award
2021 Reddot Award
Shokzは特許取得済みの骨伝導技術を使用しています。それによってトランスデューサーが頬骨を通して振動を送り、鼓膜を迂回して内耳に直接音を伝えます。
骨伝導技術はこちらへ>
気を付けることで、
安全を保つ
OpenMoveは、交通の騒音と音楽を同時に聞くことができます。
オープンイヤーの快適な装着感
OpenMoveは、耳の中に何も入れず、また耳の上を覆うことなく、痛みのないリスニング体験をもたらし、あらゆる動きにも対応します。
6時間のバッテリー持続
バッテリーは6時間持続し、10日間待機モードを持続できるため、バッテリー残量を気にすることなく、音楽、通話、オーディオブック、ポッドキャストなどを終日聴くことができます。
IP55防塵・防水
IP55防塵・防水により、イヤホンを湿気や汚れから守ります
強化されたオーディオ
パワフルなチップ
特許取得済みの第7世代骨伝導技術は、優れた動的ステレオサウンドを提供します。Bluetooth 5.1は、高速で安定した接続を実現します。範囲は最大33フィート(約10メートル)まで使用できます。

2つのEQモード

スタンダードモード
日常的に音楽を聴く
ボーカルモード:
ポッドキャストやオーディオブック
を優れた音質で楽しめます。
安定した通話のための澄み
切ったクリアな音質
デュアルノイズキャンセリングマイクが周囲の騒音を除去するため、安定した電話やビデオ通話の接続を実現します。
簡単な充電
USB-C充電ポートにより、イヤホンの充電が簡単で便利になります。

オープンイヤーによって広がる可能性

より多くの人に、日常生活の中でオープンイヤーの素晴らしい体験を提供します。

同梱物

OpenMove骨伝導イヤホン
USB-C充電ケーブル
収納ケース
ユーザーガイド(日本語を含む12言語対応)

製品仕様

Bluetooth 5.1
信頼性の高い強力な接続
10mまで
PremiumPitch™2.0
ステレオサウンド
プレミアムオーディオ体験
2つのEQ設定
スタンダードモード(日常的に音楽を聴く)
ボーカルモード
バッテリー
バッテリー駆動時間
6時間
充電時間
2時間
最大駆動時間
最大10日
充電ポート
USB-C 充電用ケーブル
バッテリー容量
135 mAhh
最大充電電圧
5.25 V
接続性能
ブルートゥースバージョン
Bluetooth V5.1
マルチペアリング
搭載
ワイヤレス範囲
10m
互換コーデック
SBC対応
対応プロファイル
A2DP, AVRCP, HSP, HFP
デザイン
防水&防塵規格
IP55防水
重量
29g
材料
フルチタン
水分検出器
搭載
コマンドコントロール
多機能ボタン、ボリュームボタン
サウンド
周波数帯域
20Hz~20kHz
感度
96 ± 3dB
EQ機能
2+
スタンダードモード(日常的に音楽を聴く)
ボーカルモード
マイク
マイクタイプ
デュアルノイズキャンセリングマイク
マイク感度
-40dB ± 2dB
指向特性
単一指向性(カーディオイド)
製品比較
OPENMOVE
OPENRUN
価格
11,880円(税込)
17,880円(税込)
製品の色
重量
29g
26g
Bluetooth
Bluetooth 5.1
Bluetooth 5.1
バッテリー駆動時間
6時間
8時間
防水&防塵規格
IP55
液体の噴流からの侵入およびほこりからの侵入から保護されています。
IP67
強力な液体の噴流からの侵入およびほこりの侵入に対する保護を提供できます。(水泳除き)
もっと見る >

メディア掲載情報

骨伝導技術は音の振動を、頬骨を介して内耳に伝える仕組みにより、耳をふさぐことはありません。周囲の交通状況に気を配りながら、常に安全に音楽を楽しむことができます。

OpenMoveはその「open-ear music on the move」コンセプトに基づいて設計されたモデルとなります。
OpenMoveは、上位のAeropexと同じPremiumPitch 2.0技術を採用し、音量を引き上げながら振動を低減させました。1万円以下の普及価格帯向けに、これまでにない革新的な骨伝導体験をもたらします。
耳の穴をふさがない構造で、自転車や電車のアナウンスなど周囲の音や声を聞きながら使用できる。

Customer Reviews

Based on 127 reviews
72%
(92)
21%
(27)
5%
(6)
2%
(2)
0%
(0)
イチサン
音楽があふれている

私は、イヤホンが苦手です。長時間の装着は無理でした。
あまり期待しないで骨伝導イヤホンを購入しましたが人生が一変しました。

頭の中に聞こえてくる音楽、予想をはるかに超えた音質。
今、私の生活には音楽があふれています。

外出時とサイクリングが主な使用ですが、外部の音が聞こえるので安全です。
音楽を聴いていてもチェーンの音が聞こえます。毎日が楽しくなりました。

あーちん
初体験

骨伝導イヤホン初体験です。購入、すごく悩みました。でも購入してホントに良かった!
大会でつけていても違和感なく、操作もしやすい。周囲の音も聞こえるけど、音楽もしっかり聴こえる。
また購入したいとおもえるものです!

k
kanato
《生活の質》が一段上がります。

OPENMOVE使ってから毎日が音楽と一緒になりました。

《音質》
普通、オープンイヤータイプって音がイマイチって思ってたけど、これは全然違うんですよね。耳塞ぐタイプみたいにクリアで、音楽聴きながらでも周りが聞こえるから、めっちゃ安全でいい感じです。あと、散歩で川のせせらぎを聞きながらゆったりめの曲が最高です。

《フィット感》
ポッドキャストとかラジオ聞く人にもおすすめ。外れることもないし、耳が痛くなることもないので!

《電話》
音質もマイク性能も良く、電話も全然できます。

《電車で使用》
電車で使う時も耳栓コンボ(これ画期的なのでぜひ耳栓も一緒に売って欲しいです🙇‍♂️)で完璧。うるさい電車の中でも自分の音楽に没頭できるから、朝から気分上がりますよね。

《音漏れについて》前に使ってたやつは音漏れが気になってたんですけど、OPENMOVEは全然大丈夫。人混みでも気にせず使えるから助かってます。

《デザイン等について》デザインもシンプルでかっこいいし、運動中も使いやすいんです。実はこれのおかげで、最近通い始めたジムにも楽しく通えてるんですよ。いつもイヤホンがズレたりして集中できなかったんですけど、OPENMOVEはぴったりフィットしてズレ知らず。音楽に乗ってワークアウトするのが、もう最高に楽しいんです。

《サイトについて》サイトも使いやすくて、購入から配送までスムーズだったし、開封した瞬間からテンション上がりました。値段の割にはクオリティが高くて、友達にもすすめまくりです。

《無くさない》
個人的になんですが、僕にとってはこれが1番大事でした。イヤホンいつも無くしがちなんですが、このイヤホンは無くしようがない。耳につけるか、机のフックにかけるかなので、AirPodsみたいにどこに置いたか不安になることも、片耳だけ無くさて買い直すこともないです。

Shokz JP、ありがとうございます!

憲一 清水
耳につけてないのに

 首につけてるだけで音が聞こえるなんて、いいですね。本来なら耳にかけるんでしょうが、首につけても骨伝導で聞こえるですね。骨伝導技術はだいぶ前に京セラが携帯電話の機能としてつけていたとおもいます。イヤホンは、耳にかけるのがめんどいから、音楽聞く人には、いいと思います。私は音楽聴きながらロードバイクには乗らない(スマフォの電池がもたない)ので、ガーミンの5キロごと走ると聞こえる音声が聞こえるだけで満足です。画期的だと思いますよ。

永田 護
ロードバイクのライドで使っています!

快適で付け心地が良くて最高です!
辛い練習でも音楽が聴けて幸せです!

FAQ

Q:OpenMoveの充電はどうすればいいですか?
A:付属のUSB-C充電ケーブルでOpenMoveを充電することができます。USB-C充電ケーブルの端を、骨伝導イヤホンの充電ポートに差し込みます。保護フラップの下、「音量+」ボタンの隣にあります。充電器が5.25アンペアまたは5ボルトを超えないようにしてください。当社は急速充電器を推奨しておらず、骨伝導イヤホンは充電中に自動的に電源を切ります。
Q:OpenMoveを充電するのにどれくらい時間がかかりますか?
A:OpenMoveは、100%の充電に1.5時間かかります。約50%充電された状態で出荷されます。OpenMoveの充電が完了すると、LEDライトが赤から青に変わります。
Q:OpenMoveにマイクはありますか?
A:はい。OpenMoveにはデュアルノイズリダクションマイクが搭載されていますので、電話や、ビデオ会議などで通話することができます。
Q:眼鏡やヘルメットを着用している場合の装着方法は、どうすればいいですか?
A:骨伝導イヤホンを先に装着しても、メガネ・ヘルメットを先に装着しても問題ありません。しかし、骨伝導イヤホンを先に装着すると、より頭にフィットするかもしれません。
もっと見る

ユーザガイド

①このデータは、OpenMoveとiPhone 7(バージョン:ISO12.3.1)を組み合わせて行ったテストの結果です。
テスト条件:OpenMoveをiPhone 7とペアリングし、標準のEQモードに調整し、IOSミュージックプレーヤーを介して44.1kHzのサンプリングレートと24ビットの深さのホワイトノイズファイルをwav形式で再生し、音量を最大値の約80%に設定しました音量。
テスト内容:OpenMoveバッテリーは完全に放電され、100%まで充電されました。オーディオファイルは、ヘッドホンが再生を停止するまで再生されました。持続時間は、ヘッドホンの連続再生時間としてカウントされました。
テスト結果は、OpenMoveの連続再生時間が最大6時間であることを示しました。実際の使用では、バッテリーの寿命は、デバイスの設定、環境、使用法、およびその他の多くの要因によって異なります。 

②IPX5:この定格は、液体の噴流からの侵入から保護されているアイテムに適用されます。
試験条件 :
a)OpenMoveがテストテーブルに配置されました。
b)OpenMoveのすべての方向に水を投射するために、強力なジェットが使用されました。
c)ジェットの内径は6.3mm、水流は12.5L / minであった。
d)ジェットとOpenMoveの間の距離は2.5mから3mの間であり、持続時間は3分でした。 テスト後、OpenMoveは正常に機能しました。

IP5X:この評価は、ほこりからの侵入から保護されているアイテムに適用されます。
これは、1.0 mmのアクセスプローブを使用して、侵入したほこりが部品の機能に干渉しないことを確認するための検査によってテストされました。
1.危険な部品へのアクセスのテスト:1.0 mmの金属線を使用して、シェルのギャップなどのいくつかの危険な部品を調べました。
2.固形異物の侵入に関するテスト:
a)OpenMoveを防塵ボックスに入れ、タルクパウダーをボックスに浮かせました。タルクパウダーの量は、テストボックスの体積1立方メートルあたり2kgでした。
b)タルク粉末を金属製の四角い穴のふるいを通して濾過した。金属線の直径は50μm、メッシュサイズは75μmでした。使用したタルクの量は、テストボックスの容積1立方メートルあたり2kgで、材料は20回以内に使用されました。
c)持続時間は8時間でした。 テスト後、OpenMoveのシェル内にほこりの堆積はなく、OpenMoveは正常に機能しました。

 ③第7世代は第6世代に比べて防水基準が高く、音漏れが50%少なくなっています。
Let's Be Open!
耳を塞ぐことなく、耳を覆うこともありません。周囲の気配を意識しながら聴くことができます。
最新情報をゲット!
エントリーすると初回注文が10%OFFになり、キャンペーンや最新情報などを受け取ることができます!
Follow us
最新情報を入手して、Shokzのエピソードをシェアしましょう。また、#ShokzSquadのタグを付けて投稿すると、Shokzが、その投稿を特集として記事などで紹介する可能性があります。